結婚に迷った時…そっと背中を押す言葉たち

結婚をしたいと漠然と思うけれど…結婚って何だろう。

今交際している人がいるけれど、このまま進んでいいんだろうか…

そんな時、一度目を閉じて、深呼吸して、そして見てほしい…語り継がれる言葉たち…

結婚て…やっぱり…素敵かもしれない❤

 

「人生には二通りの生き方しかない。

ひとつは、奇跡など何も起こらないと思って生きること。

もうひとつは、あらゆるものが奇跡だと思って生きること。」

(アインシュタイン)

 

「愛することによって失うものなど、殆どない。

でも愛することを怖がっていたら、色々なものを失うわ。」

(バーバラデ・アンジェリス(アメリカの女性コンサルタント)

 

「愛とは信頼。人を愛するときは完全に信じることよ」

(マリリン・モンロー)

 

「愛はせっかちのようで、世界で一番ゆっくり成長するんだ。

結婚して4分の1世紀を一緒に過ごすまでは、男も女も満ちたりた愛を本当には知らない。」

(マークトゥウェイン「トムソーヤの冒険」の著者)

 

「悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。

良い夫を得られるなら、いくら結婚が遅れても、遅すぎることはありません。」

(デフォー・イギリス)

 

「最も小さくって最も強い組織体は夫婦である」

(中坊公平-日本の弁護士)

 

「あの人と幸福でいるよりは、あなたと不幸な方がましだ」

(レイモン・ラディゲ-フランスの作家)

 

「夫婦生活は長い会話である。」

(ニーチェ ドイツの哲学者)

 

「いっしょに何かを「する」必要なんか少しも感じないで、

しかもいっしょに「いる」ということ。これこそが結婚の本質である。」

(シュワルツ)

 

「何にもまして幸せなのはかたわらにひとりのひとがいて、

いつでも好きなときにその手に触れることができるということ」(谷川俊太郎)

 

「結婚は夫、または妻によって創り出されるものではなく、逆に夫と妻とが結婚によって創られるのだ。」

(マックス・ピカート/スイスの医師、著述家)

 

「私は妻が結婚式の衣装を選んだときと同じようにして妻を選んだ。

素敵に光り輝く見かけだけではなく、着心地の良さという本質で選んだのだ。」

(オリヴァー・ゴールドスミス/英国の詩人、小説家、劇作家)}

 

「妻は、やさしくされることを望んでいるだけではない。

やさしい心で理解されることを望んでいる。」

(瀬戸内寂聴)

 

「夫婦とは二つの半分になるのではなく、一つの全体になることだ。

(フィンセント・ファン・ゴッホ)

 

「結婚するときはこう自問せよ。

『年をとってもこの相手と会話ができるだろうか』そのほかは年月が経てば、

いずれ変化することだ。」(ニーチェ)

 

「男にとってこれ以上の幸せはない、1日を終えて玄関に近づくとき、

扉の向こう側では、自分の足音を待っている人がいると知ってるんだ。」(ロナルド・レーガン)

 

「人類は太古の昔から、帰りが遅いと心配してくれる人を必要としている。」

(マーガレット・ミード)

 

「最高のパフォーマンスは、最高にリラックスした状態から生まれます。

そして、最高に魅力的な人というのは、最高に自然体な人です。」

(茂木健一郎)